妊活を行う場合

妊活を行う場合、特に、注意が必要なものと言えば、やはり普段の食生活だと思います。妊活をしている方ならば、いつ妊娠しても不思議ではないですよね。ですから、実際に妊娠したと分かるより先に、健康的な食事で適切な栄養を摂取するようにしましょう。この時期に重要な栄養素は様々にありますが、妊娠初期に最も大切な栄養素と言えば、葉酸でしょう。

当たり前の事ですが、妊娠検査薬が反応するよりも前からお腹の中の受精卵が成長をはじめています。
出来るだけ早く胎児に葉酸を与えられるようにしましょう。

不妊の要因になるものといえば、子宮着床障害のほかに排卵障害といった婦人科面での要素と、造精機能や性機能の低下ないし障害があるといった男性側の原因とが挙げられると思います。

もし不妊の原因が何か分かっていても、それだけが原因とは言い切れません。
不妊対策をしたいと思ったら、女性のみならず男性も検査を受けることが必要です。

一度流産を経験しました。

だいたい一年位たってから、やっぱり子供が欲しいと思い、妊娠に向けて、準備を始めるようになりました。

妊娠しやすい体になることを目的に、冷え性を改善するために苦手だった運動を始めました。その結果、新陳代謝が良くなったためか、低体温が改善し、基礎体温が上がったので冷え性を治すことが出来ました。

自分の体が改善されたことを実感できて、ますます妊活を頑張ろうと思いました。
二児の母です。
妊活をしていた時、産み分けについて興味があったので、本を買って読みました。上の子が男の子でしたから、次の子は女の子が欲しいと考えていたからです。

排卵日の特定や時期の調節など、あくまで自分の出来る範囲でですが、産み分けにチャレンジしたという訳です。

妊娠が分かったときは嬉しかったのですが、産み分けの事もあって赤ちゃんの性別を先生に確認するまでは期待アリ、不安アリ、という感じで緊張してしまいました。結果は無事に女の子を妊娠することが出来ました。
妹が出来た、と家族で喜んでいます。
妊婦にとって、十分な葉酸を摂取することで得られる効果には、さまざまなものが認められています。とりわけて適切な葉酸摂取が、胎児の先天的脳障害のリスクを下げる事に繋がるという点は忘れてはいけません。妊娠する可能性がある方は、葉酸の効果を十分に発揮するためにも、定期的な葉酸を摂取することが良いでしょうですが、実際どれだけの葉酸を摂取しているのか、食事から計算するのは難しいと思います。

葉酸のサプリであれば計算や摂取も簡単だと思いますから、ぜひサプリを活用してみてください。

妊活中の女性にお薦めしたい食べ物には、大豆食品(豆腐・豆乳・納豆)とお魚が挙げられます。卵、ブロッコリー、ごまといった食材のほか、好き嫌いは分かれますがレバーにも妊娠に必須の栄養が多いので、意識して食べたい食品に入ります。

ただ、総合的に言えば、偏らない食事にするのが理想的です。また、体を冷やすという食べ物は妊娠を妨げるものが多いので、避けるようにしましょう。

今現在、妊娠を考えている、あるいは計画しているといった方や、妊娠初期の女性は食事で摂取できる葉酸の値を意識してみてください。通常の食事での摂取とは別に、葉酸を補給することを厚生労働省が推奨しているのをご存知ですか。
なぜなら、十分な葉酸を摂る事で胎児の神経管閉鎖障害発症のリスクを下げる効果があるからです。
サプリメントで葉酸を摂取される方も多いと思いますが、その場合、サプリメントでの補給が、かえって悪影響にならないように、無添加で天然素材の葉酸サプリメントを選択する事を大事です。

妊活を実践している方にとって、ホルモンバランスを正常に整えるという事は重要な問題ですよね。ホルモンバランスを整えるには、ストレスを解消したり規則正しい生活を送ったり、軽い運動を行うなど様々な方法があります。その中でもヨガは、お勧めしたい運動の一つです。

ヨガによって血行が良くなると、自律神経のバランスが良くなりますから、すなわちホルモンバランスも正常に整っていく、ということです。

「妊活 ヨガ」で検索すると、妊活に適したヨガの動画が見られますから、自分の部屋で出来るのでお手軽ですし、適度に体を動かすことは、新陳代謝を良くし、体をほぐすことに繋がります。

こうした運動はこころとからだのバランスを整えると言われていますので、ヨガは簡単に実践できて、効果の高い妊活だと言えるでしょう。
サンマット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です